北欧インテリアとデザインのブログ・モノデコ

【メインブログ「無敵インテリア」の最新記事】
無敵インテリア
【info】
リンク切れについて、改善の予定はありません。
Jugemテーマは、順次更新予定です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

GYRE建築とMoMAストアを散策@MVRDV展

GYRE(ジャイル)表参道の外観写真
 MoMA Design StoreとMVRDVの建築目当てでGYREに行ってきました。ちなみに実店舗を構える前は”MoMA Online Store Japan”だったオンライン店の名称が、”MoMAStore”に変更されましたね。ニューヨークにある3つの施設(ミュージアムの中のMoMAデザインアンドブックストア、MoMAのミュージアム向かい側のMoMAデザインストア、ソーホー地区スプリングストリートにあるMoMAデザインストア・ソーホー)につぐ米国以外、海外初のストアであり、週末の土日は(MoMAだけで)1万人を超えるお客さんが訪れるそうです。
 
 まずはジャイルに入ると、ファサード(正面入口)脇にはPeter Marino(ピーター・マリーノ:米ヴィトン、米ディオール、米フェンディなど)が設計したCHANELと、BVLGARIショップ。そして、華道家・前野博紀による『渦』をテーマにした直線的なモニュメントが迎えてくれました。
 
華道家、前野博紀によるクリスマスモニュメントとブルガリのチョコレート
(右)ブルガリのチョコ
 
 ジャイルの建築設計をしたMVRDVの展覧会「PIECE BY PIECE, MVRDV」に足を運びます。図面や模型が丁寧に飾られていて、彼らの作品に触れられる素晴らしい内容でした。ジャイルの模型が製作過程ごとに展示され、どのようなアイデアで創られたかも垣間見ることができました。
 
GYRE設計のMVRDVによる建築模型と図面
(左)ジャイルの模型と図面の表紙|MVRDVの各作品に飛びます
 
WOZOCO(オクラホマ)とSilodam(サイロダム)の模型
(左)WOZOCO|オクラホマ (右)Silodam|サイロダム
 
GYRE(ジャイル)の模型。デザインはMVRDV。
(左・右)ジャイルの模型
 
 一応に全フロア・全店舗を見て来ましたが、マルタン・マルジェラの入口以外の壁も全部ドア(扉)で造られてたり、ブルガリ・イル・カフェの”浮いた”チョコレートのディスプレイなどが、特にユニークだと思いました。
 
 
MoMA Design Storeの内装と外装
 さて、Richard Gluckman(リチャード・グラックマン:森アーツセンターヘルムートラング青山など)が店舗設計(インテリアデザイン)をしたMoMAストア。他店舗と比べても、MoMAだけがすごい人の数で賑わっていました。ありとあらゆるデザイングッズが取り揃えてあって、また、ヌーカの時計を初めて目で見ることができました。
 
MoMAにも選定されたNOOKA(ヌーカ)デジタル時計
NOOKAMoMANOOKA collectionNUTS
 
 実物はめちゃくちゃカッコイイですね★ラバーシリーズはもっとキッチュ(おもちゃっぽい)な感じなのかなと思っていましたが、ずっしりしていて原色カラーとは裏腹に、落ち着いた雰囲気で、ますます欲しくなりました。それと、ランチョンマットとコースターが素敵でした★
 
スタッキングコースターとプレースマット(ランチョンマット)
(左)スタッキングコースター (右)プレースマット(ランチョンマット)
 
 
 終わりに、ジャイル建築を裏の方までぐるっとひと回りしました。設計コンセプトは『渦』ということですが、”箱”(=各店舗)を重ねたって感じでしょうか?安直な考えでは施設内も回遊性のある渦をイメージしてましたが、直線的な動線であり、渦はあまり感じられません。箱を繋げることで有効スペース(店舗)を確保し、外から見ればそのカタチがはっきり分かる、逆に言えば知らぬ間に渦の中に入っている、そんな印象です(←伝わりづらくてすみません)。
 
GYREの外観
ジャイル建築
 
 
【MoMAストアディレクターの興味深い記事】
戦略的に、ストアにはオンラインよりも単価の低いものを多く揃えているという。
「レジの前に小物いっぱいおいてるんですけど、あれがめちゃめちゃ売れるんですよ。ニューヨークのお店でもそうなんです。あの小物たちが全体の売り上げの10%超えるらしいんですよ、単価はだいたい3〜5ドル程度。日本でも、まだオープンして間もないですけど、売れすじベスト100とかレポートだすと、ほとんどあそこから。」
 
オンラインをはじめていたからから初のストア、海外進出の場も日本がやりやすかったのか?
「オンラインやってたからっていうのは大きいですね。ヨーロッパとかからも引き合いとかは相当あったみたいです。まぁオンラインやるときも、話が通りやすかったのは‥ニューヨークのMoMA自体も(美術館もサイトも)日本人がすごく多いんですよ。アメリカ人の次に日本人が多い。次にカナダ人、くらいで。‥というところで日本人には人気あるし、過去MoMA展を何度か六本木とか上野なんかでやってたり。日本とのかかわりが深かったというのもありますね。
 
「ちょうど僕らはオンライン立ち上げたときは、ニューヨークのMoMAの美術館がリニューアルオープンするときだったんです。その建築家が谷口吉生さんという日本人だっていうのもあったり。その美術館のリオープンというのはニューヨークのMoMAにとってもビックプロジェクトだったんで‥」
 
75周年を記念したリオープンには8億5800万ドルという巨費が投じられたまさに超ビッグプロジェクト。新しいMoMAの設計者として白羽の矢が立ったのは、日本人建築家の谷口吉生(タニグチヨシオ)氏は、葛西臨海水族館や東京国立博物館法隆寺宝物館などの作品で知られている。

 
ワタシも登録してますが、MoMAのメルマガを購読すと「イームズLCWチェア」が当たるそうです(08年1月31日まで。キャンペーンのページにあります)。
 
GYRE|ジャイル表参道 MoMA|オンラインストア
 
【関連記事】
話題沸騰の「GYRE」がオープン|MoMAストア、ブルガリカフェが出店
MoMA選定のNOOKAズーウォッチ
MoMAのガラス製のクリスマスオーナメントでひと味違うX'masを
 
【ブログ内検索】
NOOKAの記事NOOKAのタグ
 

 
デザインとモノ(インテリア, 雑貨) | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
【モノデコの最新記事】

もらったコメント

コメント入力欄