北欧インテリアとデザインのブログ・モノデコ

【メインブログ「無敵インテリア」の最新記事】
無敵インテリア
【info】
リンク切れについて、改善の予定はありません。
Jugemテーマは、順次更新予定です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

F1最終戦ブラジルGP決勝結果「ライコネンチャンピオン獲得!」

シリーズ優勝したライコネン
 2007年F1選手権、最終戦となるブラジルGPでドライバーズチャンピオンが決まります。3人のドライバーが最終戦までチャンピオン争いをするのは、実に21年振りのことです。
 
 ランキングはハミルトン、アロンソ、ライコネンの順。ワタシはライコを応援してますが、ライコがチャンピオンになることは3人の中で一番確率が低く、レーススタート前、ワクワクしながらも神にも祈るような気持ちで(奇蹟を信じるしかないな、と)ハラハラしながら見守りました。
 
 結果から言うと、「やったぜ!やったぜ!ライコおめでとう★」です。※この記事は長いですMaybe。ライコネンファンの視点で書かれています。もっと多くの画像はこちら→【特集】ライコネンの写真を集めました♪
 
青文字レース内容から引用
 
グリッドから各マシン一斉スタート
 −−−ダミーグリッド、まずはフォーメーションラップをスタート出来るか?なんて、もう全てが心配です。
 −−−ブラックアウト、PPのマッサがハミルを押さえたるためラインを変え、開けたところでライコが加速、ハミルを抜いて2位に浮上!スタートから大声で喜んでしまいました♪
 
アロンソとハミルトンのマクラーレン同士のバトル
 1コーナーでアロンソがインから挿してきて、ハミルがコース上から膨らみ、8位に後退。もうこの時点で「やったぜ!やったぜ!やったぜ!」の連呼♪やはりライコの王者を左右するのは、ポイントリーダーであるハミルの後退しかないですから・・・。ハミルには悪いけど、ハミルが落ちていくのを喜ばずにはいられません。
 
ハミルトンがコースアウト
 8周目、ハミルトンがスローダウン!ギアが入らない模様。タイトルがかかった大事なレースでのトラブル。しばらくスロー走行をした後、なんとかギアが入り、再び走り始める。しかし、トラブルを抱えていることは明らかで、今後のレース展開が心配される。これでハミルトンは18位にまで順位を落としている。
 
 「やーーーーーったッ!」「よしよしよし!」「行けるぞ行けるぞ!」「頑張れライコ!」ワタシは興奮大絶頂★(このままリタイヤしてくれれば・・・なんてことも思っていました)
 
日本人バトルとなった佐藤琢磨と中嶋一貴
↑佐藤琢磨と中嶋一貴の日本人対決★
 
 ハミルトンについて−−−。先グランプリである中国で、数ポイントでも獲得していたなら彼の王者は決まってました。ポール(予選1位)からスタートし、盤石の体制で臨んだ中国。タイトルを目の前にして気持ちが逸(はや)ったのか、果敢に攻めて、結果ピット入口の砂利にコースアウトし、リタイヤ。ハミルは「I'm a driver. I wanna win.」と言っています。それはアロンソに対して、マクラーレンに対して、チーム内争いだろうが「僕は譲らないよ」、という意味でもあります。その積極性はレースにも現れ、タイトルを獲るには”勝つ”しかない、と。それが焦りやリタイヤの原因になったかは分かりませんが、”勝つ”ことを意識しすぎていたような印象を持ちました。そして今回のブラジルでも18位にまで後退してしまい、「ポイントを獲らなきゃ」というふうに焦ったのであれば、ライコネンに優位に働くな、と見える順位だけでなく、ラッキーな展開になったと思いました。
 
 せっかくなのでアロンソも−−−。ハミルトンとは対照的に、「シリーズが終わった時に、僕が王者になっていればいい」と、アロンソは”勝つためのポイント”にこだわっています。それには当然”勝ち”も必要ですが、まずは完走すること、まずはポイントを獲ること、を優先してレース運びをしています。2年連続年間王者の”強さ”がそこに現れていると思います。それは2回、シリーズ2位に終わったライコネンにとっても同じこと。そして今後、ハミルトンも”その強さ”を持つでしょう。
 
 まぁ、今回は王者のかかった最終戦ということで状況も違うでしょうが・・・。
 
 
 さて、余談に逸れましたが続きです。
 
 トップ争いは、トップのマッサと2位のライコネンがファステストを更新しあい、この2台だけがコンスタントに1分13秒台で走っている。21周目、マッサがピットイン。この間にライコネンがファステスト。
 「よしよしライコ行けー!」
 
 22周目、ライコネンがピットイン。新品のソフトタイヤを装着してコースへ復帰。ライコネンはふたたびマッサの後ろに戻る。ライコネンの方が多く燃料を積んでいるため、次のピットストップでマッサの前に出られるものと思われる。
 第1スティントではライコはマッサを抜けず、2位のまま、悔すぃー。
 
 23周目、アロンソがピットイン。8.7秒でピットアウト。23周目、ハミルトンがピットイン。スーパーソフトを装着し、賭けに出る。1回目のピットストップ後の順位は、1位マッサ、2位ライコネン、3位アロンソ、4位クビサ、5位トゥルーリ、6位ハイドフェルド、7位ロズベルグ、8位クルサード、9位中嶋、10位シューマッハ、11位ヴェッテル、12位バリチェロ、13位ハミルトン、14位佐藤。
 
 
−途中経過省略−
 
 
 上位陣の最後のピットストップのときが迫っている。このままの順位でレースが終われば、アロンソがチャンピオンとなる。現在ハミルトンは8位を走行中。マッサがライコネンを前に出し、ライコネンが優勝すれば、ライコネンがチャンピオンになる可能性もまだ残っている。
 
 51周目、マッサがピットイン。新品のスーパーソフトタイヤを装着してピットアウト。一方、ライコネンがセクター1を自己ベストで通過中。しかし、ライコネンの右フロントタイヤもかなり摩耗している。ライコネンがセクター2も最速。マッサとの順位入れ替えの最後のチャンスとなっている。このラップは1分12秒736で、かなりプッシュしている。
 「行け行け!ライコ!」「頑張れライコ!」ここで前に出ることが出来ればもう優勝(王者)は目の前。そしたらマッサがサポートしてくれる!?
 
 54周目、ライコネンがピットイン。新品のスーパーソフトタイヤを履いてコースへ戻る。マッサとライコネン、どちらが前か。
 どうかお願い、ライコネンを1位に・・・・彡
 
ピットからサーキットへ戻るライコネン
 ここでライコネンが前へ!ライコネンがトップ、2番手がマッサ。
 「よぅーーーーーしゃーッ!」「ライコやったーーァ!」
 
 これでハミルトンが6位以下、アロンソが4位以下であれば、ライコネンがタイトルを獲得することとなる。
 第2スティントが終わり、コース上(と言ってもピット戦略&ライコの頑張り)で抜かれたマッサ。「”チャンス”があればキミをサポートする」(←マッサのイエーイ!!画像も見れますょ♪)と公言していたマッサ、実力で抜かれたのなら仕方ないか・・・と、ライコと距離を取ったふうに感じました。(”距離”は空気抵抗の関係、チーム同士での争いは高リスクなど。(スピンやクラッシュ))これで対アロンソにおいても勝利体制が整いました。
 
 あとはライコもマッサも走り抜いてくれれば・・・。ハミルとアロも順位を上げないでくれれば・・・。と思っていたのに!?
 64周目、7番手のトゥルーリがピットイン。これでハミルトンが7番手に浮上する。
 あー、トゥルーリ、ナンテことを・・・。ハミルトンより上位のドライバーがリタイヤでもしたら、一気に”状況”が変わるぞ・・・。どうかバトルしないで、みんなそのままゴールしてくれ、と祈りました。
 
 しかし残り5周、クビサとロズベルグが激しく遣り合ってるし、心配だ心配だ。
 ファイナルラップ。ライコネンがトップ、4.2秒後方にマッサ、その48.8秒後方にアロンソ。ハミルトンは7番手。このまま行けば、なんとチャンピオンシップ3番手だったライコネンが最終戦で大逆転優勝となる。ここでチェッカーフラッグ!ライコネンが最終戦での大逆転で初タイトルを獲得!!
 
ライコネンがトップチェッカーでフラッグを受け優勝決定
 「やったーーーー!」まずは一安心。でもでもハミルがチェッカーを受ける前に、上位にトラブルがあると・・・。ワタシは画面に釘付け。早くライコネンの吉報を確認したいです。
 
 
 『ライコネン、ドライバーズチャンピオン獲得!』やりましたッ!嬉しいです♪感動です★素晴らしいッ!とても嬉しく、現地ブラジルまで行って、ライコを抱きしめたい気持ちでいっぱいです♪クール?なライコは、タイトルを獲得したのにあまり喜びの表情が見られない雰囲気で、でもそこもライコらしく、17日に28歳の誕生日を迎えたライコは、参戦7年目にして念願の誕生日プレゼントをゲットしました。(あれ、文章変ダ?)
 
 決勝結果はご覧の通りです。
F1ブラジル2007決勝レースの結果(リザルト)
 
表彰台で祝福されるライコネンとアロンソとマッサ
 
 大波乱のブラジルGP、そして大波乱の2007年F1世界選手権は、フェラーリがコンストラクター、ドライバーの両タイトルを獲得するという、大逆転劇で終結した。
2007年コンストラクター&ドライバーランキングの結果
 
 「まるでマンガを見てるような展開」と、ゲスト解説の片山右京がレース中に言ってましたが、何が起こるか分からない、何が起きても”おかしくない”、ライコには本当に幸運なことで、ファンにとっても幸運なことで、ライコネンをずっと応援してきたワタシにとっても、タイトル獲得は涙が出るほど嬉しかったです。
 
歓喜のシャンパンファイト
 
 今回のグランプリは日本人ドライバーが3人も参戦しました。佐藤琢磨は12位完走、F1デビューとなった中嶋一貴は10位完走、山本左近はクラッシュに巻き込まれ不運にもリタイヤでした。
佐藤琢磨(スーパーアグリ)の画像
ウィリアムズからF1デビューした中嶋一貴
クラッシュされパーツが飛び散る山本左近のマシン
 
 
 シーズンも終わりという事で2007年を振り返ると、カナダGPで大クラッシュを喫したロバート・クビサが印象的です。事故という面だけでなく、復帰後も良い戦績でシーズン6位になりました。参戦2年目ですが、参戦3戦目で3位表彰台を獲り、またハミルトンと同じ22歳でもあり、ロズベルグや一貴らと共に将来が有望されてるドライバーでもあります。彼ら若手ドライバーの中では、ハミルトンに続き好戦績です。そんなクビサのファンになった年でもあります。
 
 きっとこのブログでは、来年の開幕までF1の話題には触れないと思うので、最後にひとこと、「来年も楽しみにしてるぞょ♪今年もありがとう★」ということで締めくくらせていただきます。
 
 
【関連ニュース】
ウィリアムズとBMWに違法性があるとの記事があります。ライコネンに代わってハミルトンがチャンピオンを獲得することになるだろう。FIAウィリアムズとBMWのクルマを調査。しかしこれは解決したようで、ウィリアムズとBMWペナルティを逃れる。けれど、マクラーレンはこの決定に控訴することが予想されています。動向が気になりますね。
 
ブラジルGP決勝公式記者会見 パート1|新チャンピオンのライコネンとマッサのフェラーリ勢 ブラジルGP決勝公式記者会見 パート2|3冠を逃したアロンソ、ライバルについて語る ブラジルGP決勝公式記者会見 パート3|ライコネン、自身のキャリアと勝利の瞬間 ブラジルGP決勝公式記者会見 パート4|チームの勝利を喜ぶマッサとレースを振り返るアロンソ パート5は25日リリース
 
ライコネン、ワールドチャンピオン獲得に歓喜 ブラジルGP決勝|ライコネンが優勝、大逆転で初タイトルを獲得!(レース内容) F1最終戦におけるタイトル争いの歴史(興味深い記事です) ライコネン|大逆転勝利を味わう(レース後のコメント)
 
フェラーリ|予想外のタイトルを祝福(キミとマッサのコメント)
※記録用に引用
キミ・ライコネン(決勝1位)
「今の感覚を言葉に表すのはとても難しいよ。信じられない感動だね。チームのみんなには今年にやってきた全てのことを感謝したいよ。僕たちは厳しい時期を過ごしたこともあったし、戦いに戻ることができないと思うこともあった。でも、決して諦めなかったからこの努力が今日のご褒美になったんだ。僕の家族や妻のジェンニ、そして僕を信じてくれた全ての人にもお礼を言いたいよ。長い間待ちこがれていたことを達成できたんだ。今は他の全てのものが余計なものになっちゃうよ。今日はフェリペの助けが不可欠だったけれど、彼は本当に素晴らしかったよ。僕たちは1ー2を獲得しなければならなかったし、他の人がどうなるのか見守らないといけなかったんだ。今回は物事が僕たちの思いどおりにいって、予想外のことが起きたよ。今まで味わったことがないほどF1を楽しむことができたから、僕にとってはとても素敵な1年だったね。フェラーリで素晴らしい家族を見つけ、彼らと一緒にタイトルを獲得できて光栄だよ」

F1-Live.com|速報 F1Racing.jp|ニュース
 
趣味(F1) | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
【モノデコの最新記事】

もらったコメント

コメント入力欄